矢落川(愛媛)のライブカメラと水位情報!氾濫可能性や現状を確認!

お住いのすぐ近くに川がある方にとっては、大雨のたびに氾濫の危険を把握しないといけませんよね。

でも、実際にすぐ近くまで見に行くのも危険。

そんな時に役立つのが「ライブカメラ」や「水位情報」です!

これなら自宅にいながらでもお近くの川がどうなっているかの状況確認が出来ます。

また、水害や自宅内での汚損・破損には火災保険が適用されますので、しっかりと見直しておきましょう!

では早速、矢落川(愛媛)のライブカメラや水位情報、氾濫の可能性や現状を確認していきましょう。

※更新日時:2020年6月19日

矢落川(愛媛)のライブカメラ情報!

ライブカメラのリンク先⇩

http://www.skr.mlit.go.jp/oozu/cctvimg/index.html

 

矢落川左0k8大洲市都谷川樋門

https://www.river.go.jp/kawabou/ipCamera.do?gamenId=01-0710&cameraId=22570003

 

矢落川(愛媛)の水位情報!

Yahoo!の河川水位情報⇩

https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/river/8808020019/

 

国土交通省|川の防災情報⇩

水位観測所付近の川の断面図

http://www.river.go.jp/kawabou/ipSuiiKobetu.do?init=init&obsrvId=2257000400007&gamenId=01-1002&timeType=60&requestType=1&fldCtlParty=now_img

 

河川の水位情報⇩

https://suii.ezwords.net/index.cgi?q=%E7%9F%A2%E8%90%BD%E5%B7%9D

 

フィッシング・ラボ

https://www.fishing-labo.net/modules/waterlevel/view.php?oc=22570&opc=8

 

テレメータ水位観測所一覧

http://i.river.go.jp/_-p02-_/p/ktm1201010/?mtm=0&swd=&rvr=88088019&prf=3801&_xpxi=hY8wvRH3vVq4DcXWiDs3xW…

 

矢落川(愛媛)のハザードマップ

洪水ハザードマップ

https://www.city.ozu.ehime.jp/site/opendata/31908.html

 

矢落川(愛媛)付近の道路交通情報

リアルタイムで道路交通情報を確認できるツールがあります。

トヨタがとても便利なものを公開していて、災害発生時の安全な走行のために「通れた道マップ」というのを公開中。

コチラのリンクから確認出来ます。

リンク:https://www.toyota.co.jp/jpn/auto/passable_route/map/#

 

通れた道は青くなっており、ダメな所は「✖」とか出てたりします。

昔はホンダも同じようなものを提供していたんですけど、現在は更新が止まっていました。

 

火災保険の見直しはお済ですか?

水害には火災保険がききます。

それから、ご自宅にて何か「破損・汚損」があれば、これまた火災保険がききます。

 

意外にも知らない人が多いですが、火災保険の適用範囲はとても広いんです。

(私も初めて知った時はとても驚きましたw)

子供がゲームをしていて、リモコンやテレビを壊した。

これも適用されますよ。(笑)

 

他にも

  • 部屋にビリビリとしたヒビが入っている
  • ドアが開きにくい
  • ガレージの収納が壊れている
  • 雨水を流す管が曲がっている
  • 床にキズがある
  • 子供が思わず、家具を壊してしまった

などなど、実に様々な場面で、それも広い適用範囲です。

本当にビックリするような出来事でも火災保険が適用される事があります。この機会に是非、ご自宅の火災保険を見直してみてください。

もし火災保険に入っていないなら是非、ご検討してみてくださいね。

本当にもったいないですから。

 

便利なお見積りサイトもありますし、一括でご自身の火災保険を見直す事も可能ですから便利な世の中です。

≫≫ 住宅本舗の火災保険一括見積もりサービス

 

役立つ防災グッズ

いざという時のため、準備できる物はなるべく準備しておくと良いですね。

「備えあれば患いなし」

 

防災リュック

 

非常用トイレセット

 

非常用ラジオライト

 

非常食

 

まとめ

矢落川(愛媛)に関して、ライブカメラ情報や水位情報などをまとめました。

非常に簡単で簡素な情報ですが、きっと役に立つはずです。

自分の命も大切、相手の命も大切。

安全第一で、なるべく危険な行動は避けたいですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です