ペアーズエンゲージのコネクトシップとは?加盟店や会員数も紹介!

ペアーズエンゲージは会員数が少ない事が大きなデメリットだと言われることが多かったのですが、2020年10月にマル適マーク(CMS)を取得して「CONNECT-ship」への加入条件を満たしていました。

ほいで、2021年5月31日にペアーズエンゲージが、コネクトシップへの加入が発表されました。

でも、このコネクトシップって何なのか?どういうものかがそもそもわからん!って方のために簡単にまとめておきました。

 

この記事を読めば解決できること
  • ペアーズエンゲージが加入したコネクトシップとは何か?
  • コネクトシップの概要
  • コネクトシップの特徴
  • コネクトシップの会員数
  • コネクトシップの加盟店
  • ペアーズエンゲージがコネクトシップに加入して、利用者が得られるメリットは?

 

ペアーズエンゲージが加入したコネクトシップとは何なの?

「入会されたすべてのお客様に幸せを。」

この一文を見て、アナタは何を感じましたか?

とある女性

そんなの夢物語よ〜…

とある男性

そうだ!それだ!それこそがこの社会が求めている究極の世界だっ!!

意見は人それぞれ、たくさんあると思います。

実は今までの婚活支援業界って本当に大切な使命よりも広告戦略や料金、会員数などで競走して、またそういった所がお客様の選択基準になってしまっていました。そして企業や結婚相談所はこの営業競争にばかり力を入れてきたんです。

けど、あらゆる企業さんや結婚相談所が持っている本来の目的や目標、それこそが「入会されたすべてのお客様に幸せを。」というものなんですね。

そして、この状況を打開すべく、誕生したのが「CONNECT-ship」(コネクトシップ)なんです。

これまでは会員数や料金などの営業競争にばかりエネルギーを費やさないといけなかったのですが、コネクトシップを作ることによって自社サービス内のみだけでなく、コネクトシップで連携している会社さん同士が相互に紹介し合えるようになったんです!

以前よりも自社サービス向上に力を入れられるようにもなって一石二鳥って事ですね。

「入会されたすべてのお客様に幸せを。」届けるため、想いを同じくする企業や結婚相談所が集まる場所として、また連携しあい顧客満足度を高めていく機会を提供する場所として、これから大きく業界をリードしてくれる事でしょう。

 

「CONNECT-ship(コネクトシップ)」の概要

コネクトシップは業界初の婚活事業者間での会員相互紹介プラットフォームです。

「CONNECT-ship(コネクトシップ)」はいわば、グループみたいな物です。小学校の頃にあった班グループみたいな。班長がコネクトシップで班員が、それぞれの企業さんや結婚相談所ということになります。

そしてこのコネクトシップに加入できる企業は「マル適マーク」を取得している相談所が対象です。

マル適マークとは?

経済産業省のガイドラインを基に法律を守って運営する安心・安全の結婚相談所であることを第三者機関が審査して証明するもの。

 

「CONNECT-ship(コネクトシップ)」の加盟店

※2021年7月時点のデータ

コネクトシップの加盟店は13社です。

「CONNECT-ship(コネクトシップ)」利用事業者一覧

  1. ペアーズエンゲージ
  2. ゼクシィ縁結びエージェント
  3. Nozze(ノッツェ)
  4. 全国仲人連合会
  5. パートナーエージェント
  6. スマリッジ
  7. DG2(結婚成立所デジツウ)
  8. MARRIX(マリックス)
  9. MFB(日本少子化対策機構)
  10. 官公庁マリッジ
  11. JBA(一般社団法人日本結婚相談協会)
  12. NNR(日本仲人連盟)
  13. エン婚活エージェント

 

「CONNECT-ship(コネクトシップ)」4つの特徴

業界初の会員相互紹介プラットフォーム

「従来は自社内、もしくは連盟内でのみ、マッチングを行う」というのが常識でしたが、それには大きな問題もありましたね。その問題を解消するため業界で初めての婚活事業者間で会員の相互紹介を行うプラットフォームをつくりました。

コネクトシップは結婚相談所連盟ではありません。それぞれの婚活事業者が集まってお互い自由に会員を紹介しあうためのプラットフォームです。

 

成果にこだわった、コネクトシップ独自のシステム

10年以上、独自開発と改修を繰り返してきた多種多様な機能が詰め込まれており、特徴的なのは実際に現場スタッフが使ってみて、何度も改修を重ねてきた機能ばかりっていう所。

理屈だけじゃない、より使いやすい、より効率的で、より成果に結びつくよう、進化を続けています。

 

利用事業者とコネクトシップ事務局は、パートナーシップで結ばれている

運営している事務局はもちろんですが、特定の企業だけが有利になるようなことはなく、日本で一番多くのお見合いを生み出すプラットフォームを目指しています。

 

情報開示による、運営の透明化

コネクトシップの運用開始後から定期的に各種数字を共有しており、今後もできる限りの数字を公開して事業者が安心してコネクトシップを利用できる環境づくりを進めています。

 

「CONNECT-ship(コネクトシップ)」の会員数

※2021年7月時点のデータ

有効会員数、30,283名

有効会員男女比、5:5

お見合い成立件数、26,302件

利用事業者数、13件

 

ちなみに総規模会員数は約52,000名(※2020年7月時点)で成婚数は4,295件(※2020年11月時点)です。

 

ペアーズエンゲージがコネクトシップに加入して、利用者が得られるメリットは?

最後にペアーズエンゲージがコネクトシップに加入して利用者が得られるメリットについて紹介します。

 

出会いやすくなる

当然なのですがw、ペアーズエンゲージというサービス内でのみじゃなくて、他社サービスの利用者も紹介できますからマッチングしやすくなるわけですね。

婚活したい女性

ペアーズエンゲージは料金が手頃で始めやすそうだから良いんだけど、会員数が少ないって口コミとかでよく見かけるし、それだとマッチングしにくそうだし、迷っちゃうなぁ〜。

とかって悩みが多かったと思うんですが、コネクトシップに加入した事であくまで数字上ですが、3万人の人たちとマッチング出来るようになった訳です。

これって、凄く大きなメリットですよね!

ペアーズエンゲージの会員数や出会いやすさがネックで踏み切れなかった人はコネクトシップ頼りに入会してみるのもアリだと思いますよ!

ペアーズエンゲージ公式サイト >>

 

ペアーズエンゲージがコネクトシップに加入したのは大きなメリット!

ということで、コネクトシップに関して簡単にまとめました。

コネクトシップって要するに今までの問題点を解決するために皆んなでチーム組もうぜ!、的な話でしたね。

確かに結婚相談所だけじゃなくて、マッチングアプリも含め、そうですけど、やっぱり気になるのって出会いやすさとか料金とか会員数ですよね。

事業者側(相談所やマッチングアプリ)も利用者側(お客さん)もお互いにその辺を気にせず、これから利用できると考えたら純粋にワクワクする仕組みだと思います!

 

最後にペアーズエンゲージが無料の資料請求を始めたので、興味あるひとは是非やってみてください。資料請求と言っても、メールで送られてきてPDFが添付されているから、請求して数分でペアーズエンゲージの詳しい内容を見れますよ!

Pairsエンゲージの資料請求はこちら >> 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です