来店するだけで『アマギフ』が貰える!

今なら来店(無料)した方全員」
【Amazonギフト券】が無料で貰えます!

※2020年1月31日(金)まで

 

Amazonギフト券を無料で貰う!

パートナーエージェント

パートナーエージェントの
公式サイト:https://www.p-a.jp/

小保方晴子は正しかった?スタップ細胞の真実!あの日のネタバレ!

スポンサーリンク
U-NEXT


どうも~!ラッキーです!(≧∇≦)

スタップ細胞の小保方晴子さんが話題ですね~!

今回この記事では小保方晴子さんについて気になるあれこれをサクサクっと見てみたいと思います!

  • 小保方晴子さんのプロフィール!
  • 小保方晴子さんは正しかったのか?
  • 小保方晴子さんが発見したスタップ細胞の真実!
  • 小保方晴子さんの手記「あの日」のネタバレ!

などなどですね!

では早速!、「小保方晴子は正しかった?スタップ細胞の真実!あの日のネタバレ!」と題してみていきましょう!

スポンサーリンク



小保方晴子さんのプロフィール

プロフィール!
  1. お名前:小保方晴子
  2. 読み方:おぼかた・はるこ
  3. 生年月日:1983年9月25日
  4. 出身地:千葉県松戸市
  5. 出身校:早稲田大学大学院
  6. 研究分野:生物学、化学、組織工学

小保方晴子さんは松戸市立第六中学校を経て、東邦大学付属東邦高等学校を卒業後、早稲田大学理工学部へ進学し、早稲田大学大学院理工学研究科修士課程を修了。

高校時代は代々木ゼミナールに通っていて、大学の学部時代はラクロス部で活動。

幼い頃から研究者を志し、生命や再生医療に興味を持っていたと言います。

 

小保方晴子さんは正しかった?

なんとビックリ、驚き!( ゚Д゚)

小保方晴子さんが発見したと言うスタップ細胞は本当に見つかっていたというのです!

日本では発表されていないんですけど、2015年11月に英国科学雑誌「ネイチャー」の姉妹版である「ネイチャー・サイエンティフック・リポーツ」に掲載されていました!

アメリカの研究者グループによって【スタップ現象】が発見されていた事が報告されています。

ビジネスジャーナルにより、コチラから詳しく読むことが出来ます。

むつかしい話や、ややこしい話は苦手なので。(笑)

簡単に要約してしまうと、「小保方晴子さんが発見したのと同じ方法でスタップ現象が確認されていた」という事です。

つまりは小保方晴子さんの研究は正しかったことになります。

しかし、この事実は何故か、一切報道されていない・・・

なぜ?(。´・ω・)?

 

スポンサーリンク



小保方晴子さんが見つけたスタップ細胞の真実!

あんまりこういう怖い話は好きでは無いのですが、それでも気になる文章があったので、引用しますね。

STAP細胞は存在する。なぜなら理研は昨年10月にSTAPで国際特許出願している(画像)。何の検証もせず、存在しないものを国際特許出願するわけがない。小保方さんはもちろん、笹井・若山・バーカンティ氏などがずらりと発明者に名を連ねている(下記特許出願文書PDF)。ただしこの出願に関する国際調査報告では、下記東北大学の「ミューズ細胞」の出願と比較し新規性はないというようなコメントが出されている>STAPは応用特許の範疇に入る? であるからして、理研がいまさら小保方氏に「追加資料を提出せよ」などと言っていること自体がおかしいのだ。この特許出願の事実についてテレビ新聞一切触れていない。よって、小保方さんをスケープゴートにしようという企みがあることは明白。

引用元:http://www.asyura2.com/13/nature5/msg/357.html

スケープゴートって言うのは、犠牲とか生贄とか、そういった意味合いです。

コチラの文章で私が最も気になったのは「なぜなら理研は昨年10月にSTAPで国際特許出願している(画像)。何の検証もせず、存在しないものを国際特許出願するわけがない。」という所。

確かにこの説明なら、ド素人の私でも納得がいく。

根拠のないものを特許申請なんてするわけ無いですよね。

アメリカにとられたとか、理研がやらかしたとか、真実を探れば探る程、ややこしいのですが、ただ1つ。

小保方晴子さんが発見したもの、研究してこられたことは間違いなく本物だった。

そしてそれをマスコミは叩き、スタップ細胞関係の研究者の人生は激変し、職を失い…

この事だけは間違えようのない真実ですね。

 

小保方晴子さんの手記「あの日」のネタバレ!

ところで話は変わりますが、小保方晴子さんは手記を出版されていまして。

「あの日」ってタイトルのものなんですけど!

簡単にネタバレしたいと思います。

ポイントは3つ。

  1. 小保方晴子さんが全てを把握していた訳では無いため、反論する材料がなかった。
  2. 確かに論文の出来は未熟なものだったが、スタップ現象の再現性は確認されていた。
  3. メディア、理研、早稲田大学に対する反論

大きく要約するとこの3つです。

小保方晴子さんが出版された手記「あの日」には騒動を受けて論文撤回にいたるまでの関係者とのメール内容や報道機関の記者からのメールなど、ほぼ原文のまま記載されています。

「あの日」、何が起こったのか気になる方は是非、読んでみることをオススメいたします。

 

 

まとめ

ということで本日は小保方晴子さんについて気になるあれこれを見てみました!

小保方晴子さんの研究は、スタップ現象の再現は、ガセでも何でもなかった!

本当に実在した!

小保方晴子さんは正しかった!

しかし、この真実を報道しないマスコミ。

ところで小保方晴子さんは今現在、ケーキ屋さんで働いているみたいですね^^

私もケーキが好きなので、良いなぁ~って思っちゃいます!

ではでは本日もお読みいただきまして、ありがとうございます!♬

スポンサーリンク



来店するだけで『アマギフ』が貰える!

今なら来店(無料)した方全員」
【Amazonギフト券】が無料で貰えます!

※2020年1月31日(金)まで

 

Amazonギフト券を無料で貰う!

パートナーエージェント

パートナーエージェントの
公式サイト:https://www.p-a.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です