「便秘」や「ダイエット」で悩んでいませんか?

「便秘」や「ダイエット」で悩む方に一度は飲んで欲しい青汁。

もちろん「野菜不足」や「健康のため」でも効果あります。

レビュー記事はコチラ

【恵みの麹青汁】がおすすめな理由。

【効果あり】便秘やダイエットで悩む方におすすめの「恵みの麹青汁」

2020年2月2日

ノートパソコン(PC)の最適メモリ容量は4GBで十分?8GBは必要かな!

スポンサーリンク
U-NEXT


ノートパソコンを買う際に気になるのが。

悩みポイント
  1. CPU
  2. メモリ
  3. 画面の大きさ

では、ありませんか?

私は個人的にパソコンが好きなので、「Chromebook」を買ってみたり、人気で有名な「レノボ」を買ってみたりしてますから、この難題に悩まれる方に。

これでもかっ!w

ってくらい、わかりやすい選ぶ基準をお教え出来るんじゃないか?、と思いまして今回、この記事を書いて見る事にしました!(*^▽^*)

新しいパソコンを買おうと思っているんだけど、メモリやらCPUやら、どうしようか?

そう悩まれているなら是非、一読くださいませ。♬

スポンサーリンク



ノートパソコンに求めるスペックは?

結局、これに尽きます。

アナタが、これから使うノートパソコンに求めるスペックがどれほどのものなのか?

最近のパソコンは安いものであれば、3万円ほどから買う事も出来ますが、安いからといって粗悪品と言う訳でも無いんです。

実際に私は「2万7千円」で買った【Chromebook】を1年以上、使っています。

起きたトラブルは「バッテリーの持ちが悪くなった」くらいです。(笑)

主な使用用途は以下の通り。

  • ブログを書く
  • YouTubeの視聴
  • Amazonプライムの視聴
  • 事務的な作業

これくらいの使い道だったら、3万円の激安ノートパソコンでも大丈夫だって事です。(^▽^)/

ですから、アナタの使い道を明確にしてみましょう!

と言っても、恐らく、ほとんどはこの分類の仕方で問題ないかと。

値段が増えるごとに、使い道は増えるので、ランクが上がる毎に出来る事が追加されていくイメージで。

3~5万円の激安

使い道

  • YouTube(ストリーミング)
  • ブログを書く(インターネット検索)
  • 簡単な事務作業(クラウド上で動くもの)
  • 画像の加工、動画の編集はしない。(いかにも高スペックじゃないと厳しそうな)

スペック

  • CPU:i3未満
  • メモリ:4GB以下
5万円~10万円の普通

使い道

  • タブを多めに開く
  • ゲームもやってみたい

スペック

  • CPU:i3以下
  • メモリ:4GB~8GB
15万円以上の良いやつ

使い道

  • とにかく、サクサク使いたい!
  • 固まるのは絶対に嫌だ!!!w
  • 画像・動画の編集をサクサクやりたい!
  • タブを開きまくる
  • ウィンドウを開きまくる
  • チャートを安定的に見たい
  • ゲームを安定的にサクサクと!

スペック

  • CPU:i5以上
  • メモリ:16GB以上

すんごい大雑把に分類すると、こんな感じかと。(笑)

ちなみにプログラミングって高スペックPCじゃないとダメなイメージがありますが、極端な話。

3万円のChromebookでも行けます。

はい、マジですw

「特別、こういうのじゃなきゃダメ!」なんてことは無いんです。

だけど、それでもやっぱり、いろいろ考えると。

安心の「10万円」ほどのパソコンを買っておきましょう。
ノートかデスクトップかは、好みでOKです。

デスクトップの方がお得により高スペックなのを買えます^^

結論:悩んだら「8GB」を買っておけば安心!

はい、悩んだら、8GBを買っておきましょう!

4GBだと、心もとないです。

私のChromebookは2GBなんですけどね。
ぶっちゃけ、普通に使えます。

ただ、やっぱりタブを10個も開くと、カタカタし出しますw

ブラウザはChromeなんですけどね。
Chromeを起動するだけで、その時点で使用中メモリが「3880MB」みたいな感じで。(笑)

いやいや、この時点で既に「4GB」手前じゃねえぇか!!

Chromeっていつから、こんなにメモリ食い虫になったのでしょうか?

Chromeを使うってだけで、最低でも「8GB」あった方が良いよね、って思うのは私だけでしょうか?

いいえ、誰でも。

 

スポンサーリンク



メモリを選ぶ基準

メモリにも種類があるんですけど、そんな細かい話は他のブログ記事に任せる事にして。(笑)

この記事では本当に簡単に説明しますね。♬

2GB

本当に簡易な使い道。

画像編集なんて持ってのほかw

  • YouTube
  • VODサービス
  • ブログを書く
  • Googleスプレッドシート
  • メールのやりとり
  • チャットサービスのやりとり

これくらいに使うなら、問題ありません。

※ただし、タブの開きすぎには注意しましょう。

4GB

  • YouTube
  • VODサービス
  • ブログを書く
  • Googleスプレッドシート
  • メールのやりとり
  • チャットサービスのやりとり

安心感を増設したい方は「4GB」で。

画像・動画編集などはダメですw

ゲームも不安ですね。

8GB

  • YouTube
  • VODサービス
  • ブログを書く
  • Googleスプレッドシート
  • メールのやりとり
  • チャットサービスのやりとり

こんなのヘッチャラ!

画像・動画編集だって、お急ぎじゃなければ、お任せあれ!w

タブだって、20~40個くらい開いてくれてもなんとか行けるよ!

16GB以上

  • YouTube
  • VODサービス
  • ブログを書く
  • Googleスプレッドシート
  • メールのやりとり
  • チャットサービスのやりとり

はっ、こんなの笑っちゃうわ。

楽勝じゃないの。(笑)

画像・動画編集だって、じゃんじゃんバリバリ任せてよ。♬

タブなんて、開きたいだけ開くが良いわ!

なんでも任せなさい!!( ・´ー・`)

(ドヤ顔)

 

まとめ

という事で今回は個人的な経験より、メモリの選ぶ基準を書いてみました。

だいぶ、大雑把になっちゃったんですけど、お役に立ちましたら嬉しいです。

ザックリ結論を述べれば。

とりあえず、「8GB」を買っておけば、安心できます。

【16GB】を買ったなら、大安心です!w

ではでは本日もお読みいただきまして、感謝しています!♬

スポンサーリンク



野菜不足を解消しませんか?

現代人が陥りがちな「野菜不足」。

それを1日1包でカバーする方法があったら気になりませんか?

レビュー記事はコチラ

野菜屋さんが作った【ドクターベジフル青汁】とは?

野菜嫌いで不足がちなアナタにおすすめの【ドクターベジフル青汁】

2020年2月2日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です